電話占いと相性と適正

電話占いでは霊的な能力がある、あるいは勘が鋭いというような占い師の適性がある人も多くいます。そのような人たちは、実際に占いが当たったりして人気の占い師になったりします。しかし自分にとっての最善の占い師が、その人気の占い師かどうかは、占ってもらわないとわからないということになります。人間関係でも馬が合わない人やすぐに友達になれる人、心の中を打ち明けられる人などがいるように、占い師とも人間関係ですので、相性というものがあります。例えばインターネットでの体験談などを見てみると、相談内容が同じ感じなのに、片方はダメな占い師でもう一方は素晴らしいと褒めているということがあります。こちらとしては何が違うのかと疑問を持ちますが、それが相性だったり、相談中の印象だったりします。そのようなこともよく見ておく必要があります。

電話占いと相性と相談

電話占いでは文字のやり取りではないので、印象が大きく左右します。最初に悪い印象を持ってしまうと、相手を信じられないので、その後も疑いながら相手とやり取りをしてしまいます。その場合には相手にも悪いですし、自分の無駄なお金を使うということなので、早めに切り上げるということがポイントになります。信じやすい占い師のタイプ、相性が合うタイプの人と話していると、占いは当たらなくても、ストレスの解消や癒しになるということもあります。電話占いは、むしろそのほうが重要かもしれません。そのように、自分が相談をする場合でも、相談しやすい雰囲気を持った相手の方が結果が良くなる場合もあります。誰かに話を聞いてもらいたいというような時には、特にそのほうが良いということになります。目的が気持ちの発散だからです。そのような点もポイントになります。

電話占いと相談の目的

電話占いのような占いでは、相談する目的の把握が重要になります。まったく見ず知らずの相手に期待をして相談するということが占いなので、ある基準を気分が持っていないと判断がつかないということになります。例えば恋愛や不倫、また復縁などでは、感情の絡み合いや執着が非常に強いということで、がんじがらめにされていて、またしているということになります。ですので占いで何かを当てるということで解決するような状況ではないということも言えます。知るということではなくて、問題を解決することがポイントだからです。そうなると占い師のその場合の適性は、占いでバシバシ当てることではなくて、その相談者の問題が解決していくように導くということが肝心になります。ですのでそのような占い師を選ぶ必要があるわけです。その点も勘違いしないようにする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です